投稿日:

動物介護士になりたい。

秋田で看護士をやってますが、実は動物介護士もやってみたいんですよね。

ちょっとややこしいですよね。

動物介護士というのは、一般財団法人日本能力開発推進協会という団体が乱発している民間資格の一つでなんですよね。
資格について知識のない人を対象に、「この資格を取れば就職に有利になる」という錯覚を与えて、
検定受講料を稼ぐ商売をしているのです。

とは、いえ動物介護士の資格的なものがあれば安心ですよね。

看護士のような国家資格とはいわないけど、形がほしんですよね。

まだ世の中の動物病院では動物看護の資格無し、高卒以上の求人も存在します。
動物病院で動物看護士として働く事ができたら、資格がなくても動物看護士と扱う病院もまだあります。
ようは、まだ動物看護士としての正式な資格は存在しないと言う事です。

動物関連の職場によると思います。
採用された職場がペット関連の職場なら、犬猫など扱ったり、病気や怪我、世話の仕方などアドバイスすることがあるので、ペットに対して知識を深めるために、動物看護士や動物介護士の両方の資格がプラスで取得できるキャリアカレッジかもしれません。
キャリアカレッジについて、添付しておきます

まあ、ぜんぜん関係ない資格でもいいですし、単にペットショップ
とかでバイトするだけでも取扱業は登録できますが、利用者だって
なんの資格もないあるいは全然関係ない資格を持ってるところより、
その職種にあった資格を有してるところのほうを好むでしょうし。
また看護師も、無資格よりは資格を有してたほうが雇ってもらい易いとか
給料がより良いとかはあるでしょう。

動物介護士の勉強するだけで、だいぶ動物に理解できると思うんです。

例えば、動物に食べさせてはいけないもので、玉ねぎやチョコレートは有名ですが、それ以外にも与えることでトラブルにつながる可能性のある食材が複数あります。

なかでも注目なのが「骨」。犬と言ったら骨のイメージがありますが、実は鶏の骨などは噛み砕くと縦に割れ、鋭くとがって体内を傷つけてしまうこともあるので要注意です。

動物を飼っている人には当たり前の事だと思いますが、でもやっぱり聞かないとわかりません。

別に動物介護士を仕事にしなくてもいいんです。

カワイイワンちゃんの為に、自分の為に動物介護士の資格を取ろうと考えているんですよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です